‘教材’ カテゴリー

「聞くチカラ」を伸ばす教材とは

ご自分が日本語で会話しているところを想像してみてください。

 

自分だけがひたすら一方的に話しているわけではなくて、相手が話していることに耳を傾けて理解したうえで、それに合わせた次の言葉を考えて・・・ということの連続ではないでしょうか。

 

英語になっても同じことで、こちらが止めどもなく話していては会話とは言えません。

相手、または話し手の言っている英語を聞いて意味を理解できることが不可欠です。

 

聞くチカラは大切

日本語でも英語でもネイティブの人たちがそれを当たり前のようにできているのは、何年も何年も来る日も来る日もその言語を聞いてきたからではないでしょうか。

そこには長い期間がかかっています。

 

英語がわからない日本人が英語を聞き取れるようになるにも、やはり時間はかかります。

しかし、大人になってからは(日本にいる限りは)英語に毎日多くの時間触れるというのはなかなか難しいと思います。

 

少し前に話題になった、“聞き流すだけで英語が話せるようになる” というあの教材は、少しでも時間があればそれを英語を聞く機会にすることで、なるべく英語に耳を慣らせていくという効果があると言われています。

 

これも良いのですが、聞くチカラ、つまりリスニングの能力を向上させるために良いと思える教材はこちらでした。

 

「リスニングパワー」

その名のとおり、リスニング力を鍛えるためにプログラムされた英語教材です。

アメリカの言語学者スコット・ペリー氏が開発しました。

スコット氏はハリウッドでデビューする日本人俳優・女優たちの英語発音をトレーニングしてきた実績があるということです。

 

CDが2枚あり、日本語を経由して考えるのではなく、英語を英語のまま聞いて理解していく思考回路を作ることを目指しています。

 

さらに、日本人が苦手と言われている発音(LとRなど)を聞き分けることができるように作られています。

 

オールラウンドな教材ではないので、英語を聞きとれるようになった後は、さらに語彙を増やすなどして、自分で積み上げていく必要はあると思います。

 

英語を聞き取れるようになるために大切なのは、毎日欠かさずに聞くことです。

 

リスニングパワーは、英語に耳慣れて聞き取れるようになりたい方にとって最適な教材だと思います。

「話すチカラ」を伸ばす教材とは

英語を覚えたい!と強く思うとき、ほとんどの人がイメージしているのは、おそらくネイティブと楽しく英語で会話している光景ではないでしょうか。

 

英語が話せれば、世界の半分くらいの人と会話できる気がしますよね。

外国人とコミュニケーションをスムーズに取れると、いろいろな刺激をもらえますし、自分の視野がずっと広がります。

 

英語を話せないのは

学校で勉強した英語は、受験には役立ったかもしれませんが、いざ実際の会話をしようとするとぜんぜん言葉が出てこないものです。

 

そんな状態ですから、たとえば街を歩いていて外国人が道に迷っていてそうでも、声をかけられるのを怖がって遠回りしてしまう、ということになりかねません。

 

日本の受験英語だけでは、話すチカラは付いていかないのが現状です。

 

このブログを読んでいただいている方は、おそらく「英語を話せるようになりたいなぁ」と思っている方でしょう。

そのような方に向いていると考える英語教材はこちらです。

 

「スピークナチュラル」

対象者は、初級から中級、TOEIC 500 点以下、または英検準二級以下の方です。

中学で習った英語ですら自信がなくても、初めから学び直すことができる教材として評判です。

 

しかし、学校英語を学び直すだけでは話せるようにはなりません。

 

スピークナチュラルでは、話すことを重点にした内容で、英語音声を復唱することによって話すチカラを鍛えることができるようになっています。

 

日本語の音声に続いて、対応する英語の音声が流れることによって、日本語の言葉を英語に変換するスキルがだんだんと培われます。

 

しかも、短い文で組まれているので、フレーズを覚えやすく、会話ですぐに使えるように考えられていますね。

 

とても興味深い機能だなと思うのは、「コントロール会話」です。

会話の相手に対して、こちらが話に付いていけてないことを伝えるためのワンフレーズを中心に学ぶことができます。

 

たとえば「もう一度言ってもらえますか」というように、相手に失礼のないようにしつつ、こちらが聞き取れてないよーということをアピールするときに使えるフレーズです。

英会話初心者なら、こちらのフレーズを先に覚えてしまえばあとは安心かもですね。

 

ただし、スピークナチュラルは中級者以下を対象にしているので、英語がぺらぺらになるわけではありません。

基礎から始めていって、少し英語が話せるようになるところまでをガイドしてくれる教材です。

 

ネイティブと楽しく英語で会話している自分を想像だけでなく、実現させるための第一歩として「スピークナチュラル」は良いと思いますよ。

 

もっと話せるようになりたい

話すチカラは、中級者くらいになれば一人で勉強しているだけではなくて、どんどん喋ることによって伸ばしていけるものです。

つまり生の人間を相手に話すことが必要ですね。

 

そのために街で外国人に話しかけたり、海外旅行をして英語を話す機会を作ったりするのもアリです。

でも時間がかかりますし、定期的に続けることは難しいと思うかもしれません。

 

そういう方には、もっと英語がぺらぺらになる方法として、オンラインで英会話スクールに通うという手もあります。

前にどんなスクールがあるのか調べたときに見つけたのですが、代表的なスクールを分かりやすくまとめているランキングサイトがありました。

「オンライン英会話ランキングサイト」

 

話す力チカラはもっともっと伸ばせます。がんばりましょう。

 

「読むチカラ」を伸ばす教材とは

英文を読み取っていく力を付けていくには、当然なこととして「単語力」が欠かせません。

語彙の蓄えを持っていないと、分からない単語に遭遇するとそのたびにリーディングの流れがストップしてしまいます。

 

ということは、できるだけ多くの単語の意味を知っていればリーディングに有利になっていくということです。

 

英単語は最低でも2000語以上を覚える必要があると言われています。

とはいえすぐに覚えられるのものではないでしょう。

 

単語力と並んで不可欠なものは、「英文法」の知識です。

どんなに語彙が増えていってもそれだけでは、書かれていることの意味は分かりません。

文章のルールや構造である文法を意識しながら読むときにはじめて、本当の意味でリーディングできるのです。

 

伸ばしていきたい単語力と文法力

それら単語力と文法を強化するためには、自分自身の意識的な努力は欠かせません。

本当に能力を伸ばしたい、読むチカラを伸ばしたいという強い動機も重要です。

 

基本的にはそのような努力が必要ですが、それをサポートしたり強化するのに役立つ英語教材を見つけましたのでご紹介します。

 

「英語真っすぐリーディング講座」

こちらは、TOEIC 990点(満点)の英語学習アドバイザーである、鈴木拓氏が開発した英語学習教材です。

中級者以上の方向けですが、初級者でも大丈夫です。

 

日本人が英語を読むときには、文の構造上語順が前後するので、「返り読み」という作業が発生し、それがリーディングの速度を遅くしています。

この講座では、その日本人特有のクセを直しつつ、速く読むための方法をマスターすることができます。

 

論理的に文法からきちんと学んで読むチカラを付けたい、成長していきたいという人たちに、とくにTOEICの成績を伸ばしたい方に役立つ教材となっています。

 

この講座は、制作者である鈴木氏に直接質問できるのが安心です。

スタッフなど第三者が間に入ると正確でストライクな回答はなかなか得にくいものでしょう。

 

また、付属している音声ファイルを使えば、リスニング(聞くチカラ)のほうも鍛えられます。

 

読むチカラをしっかり身に付けたい方には、「英語真っすぐリーディング講座」をおススメします。

 

カテゴリー
お気に入り