覚えるチカラ

言語というものは、本来なら毎日触れていたら自然に身に付いていくものだと思います。

ですから、意識して覚えていかなくちゃ、と思うとストレスになります。

 

ストレスなく英語力が身に付いていけばよいのですが、実際は覚えないと前に進めないハードルがありますよね。

英語力にとって覚える必要があることは、「語彙」と「文法」です。

単語を覚えよう

英単語を覚える作業が楽しいという人はほとんどいないでしょう。

学校のテストや受験のため英語を勉強してきた日本人にとって、単調で機械的で時間に追われながら覚える、というマイナスのイメージが強いかもしれません。

 

でも、受験もテストも卒業した社会人にとっては、英単語を覚えるという作業は違ったものになるのではないでしょうか。

何かに追われてがむしゃらに覚える必要はないのです。

仕事の必要で勉強するなどの理由でもない限り、すぐに覚えなくても人生に影響はないのです。

 

単語を一つでも多く覚えなきゃと、とにかく書きまくったり、単語カードで何回も見直したりする人がいます。

でもこれで忘れない記憶になるかというと、覚えたと思っても3日ぐらいすると意味を思い出せない、なんてことがあります。

それを繰り返していると、「自分はなんて記憶力がないんだ」と落ち込んでイヤになってくるでしょう。

 

日常でも、日本語の言葉が思い出せないこともあるものです。

それは、脳はよほど強い印象を受けた事柄でないと忘れてしまうからです。

 

ですから、英単語を一発で覚えられなくても、それは当然なことなのです。

焦らずあきらめずに気楽に続けていくことが大切です。

 

脳に確実に記憶させることはできます。

ポイントは反復です。

 

単語帳を使う場合、冒頭から一語一語覚えようとするのではなく、数をこなすことのほうが大事です。

覚えようとしないで、単語に触れる頻度を増やすようにしましょう。

 

例えば、一日に50語ずつ単語帳を眺めるだけにします。覚えようとしないでください。

これを通勤時間や何かの空き時間に、1週間行います。

そして、50×7=350語を、次の週は1日60語ずつにして6日で行います。

さらに翌週は、70語ずつにして5日で行います。

 

こうすることによって、単語に触れる頻度が増え、自然と脳が覚えていってくれるので、覚えていない単語は徐々に減っていきます。

1000語の単語帳でも、この方法なら数ヶ月でしっかりマスターできるでしょう。

文法を覚えよう

文法の場合は、基礎的なところを改めて確認するところから始めると良いと思います。

それは、「品詞」について覚えるところからです。そして5種類の「文型」も覚えましょう。

 

回り道のようですが、ここを丁寧に学んでいけば、文法も確実に理解することができます。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り