「聞くチカラ」を伸ばす教材とは

ご自分が日本語で会話しているところを想像してみてください。

 

自分だけがひたすら一方的に話しているわけではなくて、相手が話していることに耳を傾けて理解したうえで、それに合わせた次の言葉を考えて・・・ということの連続ではないでしょうか。

 

英語になっても同じことで、こちらが止めどもなく話していては会話とは言えません。

相手、または話し手の言っている英語を聞いて意味を理解できることが不可欠です。

 

聞くチカラは大切

日本語でも英語でもネイティブの人たちがそれを当たり前のようにできているのは、何年も何年も来る日も来る日もその言語を聞いてきたからではないでしょうか。

そこには長い期間がかかっています。

 

英語がわからない日本人が英語を聞き取れるようになるにも、やはり時間はかかります。

しかし、大人になってからは(日本にいる限りは)英語に毎日多くの時間触れるというのはなかなか難しいと思います。

 

少し前に話題になった、“聞き流すだけで英語が話せるようになる” というあの教材は、少しでも時間があればそれを英語を聞く機会にすることで、なるべく英語に耳を慣らせていくという効果があると言われています。

 

これも良いのですが、聞くチカラ、つまりリスニングの能力を向上させるために良いと思える教材はこちらでした。

 

「リスニングパワー」

その名のとおり、リスニング力を鍛えるためにプログラムされた英語教材です。

アメリカの言語学者スコット・ペリー氏が開発しました。

スコット氏はハリウッドでデビューする日本人俳優・女優たちの英語発音をトレーニングしてきた実績があるということです。

 

CDが2枚あり、日本語を経由して考えるのではなく、英語を英語のまま聞いて理解していく思考回路を作ることを目指しています。

 

さらに、日本人が苦手と言われている発音(LとRなど)を聞き分けることができるように作られています。

 

オールラウンドな教材ではないので、英語を聞きとれるようになった後は、さらに語彙を増やすなどして、自分で積み上げていく必要はあると思います。

 

英語を聞き取れるようになるために大切なのは、毎日欠かさずに聞くことです。

 

リスニングパワーは、英語に耳慣れて聞き取れるようになりたい方にとって最適な教材だと思います。

コメントは受け付けていません。

カテゴリー
お気に入り