‘聞く’ タグ

「聞くチカラ」を伸ばす教材とは

ご自分が日本語で会話しているところを想像してみてください。

 

自分だけがひたすら一方的に話しているわけではなくて、相手が話していることに耳を傾けて理解したうえで、それに合わせた次の言葉を考えて・・・ということの連続ではないでしょうか。

 

英語になっても同じことで、こちらが止めどもなく話していては会話とは言えません。

相手、または話し手の言っている英語を聞いて意味を理解できることが不可欠です。

 

聞くチカラは大切

日本語でも英語でもネイティブの人たちがそれを当たり前のようにできているのは、何年も何年も来る日も来る日もその言語を聞いてきたからではないでしょうか。

そこには長い期間がかかっています。

 

英語がわからない日本人が英語を聞き取れるようになるにも、やはり時間はかかります。

しかし、大人になってからは(日本にいる限りは)英語に毎日多くの時間触れるというのはなかなか難しいと思います。

 

少し前に話題になった、“聞き流すだけで英語が話せるようになる” というあの教材は、少しでも時間があればそれを英語を聞く機会にすることで、なるべく英語に耳を慣らせていくという効果があると言われています。

 

これも良いのですが、聞くチカラ、つまりリスニングの能力を向上させるために良いと思える教材はこちらでした。

 

「リスニングパワー」

その名のとおり、リスニング力を鍛えるためにプログラムされた英語教材です。

アメリカの言語学者スコット・ペリー氏が開発しました。

スコット氏はハリウッドでデビューする日本人俳優・女優たちの英語発音をトレーニングしてきた実績があるということです。

 

CDが2枚あり、日本語を経由して考えるのではなく、英語を英語のまま聞いて理解していく思考回路を作ることを目指しています。

 

さらに、日本人が苦手と言われている発音(LとRなど)を聞き分けることができるように作られています。

 

オールラウンドな教材ではないので、英語を聞きとれるようになった後は、さらに語彙を増やすなどして、自分で積み上げていく必要はあると思います。

 

英語を聞き取れるようになるために大切なのは、毎日欠かさずに聞くことです。

 

リスニングパワーは、英語に耳慣れて聞き取れるようになりたい方にとって最適な教材だと思います。

聞くチカラ

これは「リスニングという分野ですね。

英語を聞き取るチカラがあれば、ほとんど内容を理解することができるでしょう。

 

リスニングの能力を身に着けていくにはどうしたら良いでしょうか。

それは、英語を何回も繰り返し聞く、ということです。これしか方法はありません。

 

繰り返す

至極簡単に思えるでしょうか。

しかし、日本人にとって英語の発音を聞き取れるようになるのは難しいことです。

なぜなら日本語にはない「」が英語にはたくさんあるからです。

 

日本人の脳は聞きなれない音は雑音として処理してしまい、聞き取れないということが起こります。

特に英語によくある「子音」の音が聞きなれないのです。

 

例:  strong

 

「s」「t」「g」には母音がなく、子音だけで発音しています。

そのため、見ればよく知っている単語なのに音で聞くとさっぱり分からないのです。

 

それでも、トレーニングすれば聞き取れるようになります。

どうすれば良いのでしょうか。

 

そのトレーニング方法

初心者~中級者の方の場合は、スクリプト(音声の内容がそのまま文字になったもの)を見ながら英語発音を聞く方法が効果的です。

 

以下の手順を繰り返します。

①スクリプトを見ないで、音声を2~3回聞き取ってみる

②スクリプトを見て、聞き取れなかったところを確認し、分からない単語は調べる

③スクリプトを見ないで、聞き取れなかったところを何回か聞く

 

とくに①と②は集中して行い、理解できるようにします。

そこまでできるようになったら、③は「ながら聞き」でもOKです。

 

このように何度も繰り返し聞くことで、脳に英語の音の回路を作るようにしましょう。

 

幅広く聞く

リスニングに関しては、教材は一つにこだわらずにいろいろなものを使うと良いです。

ネイティブスピーカーといっても発音は十人十色

ある人の発音は聞き取れるようになったとしても、別の人の発音は聞き取りにくいことがよくあります。

なので、さまざまな発音を聞いて慣れていくようにしましょう。

 

粘り強く続ける

リスニングはすぐには効果が実感できないものだと言われています。

数ヶ月間ひたすら頑張っていても、その成果を感じるのは徐々にではなく、ある日突然にやってきます。

その後も努力期間と実感する瞬間の繰り返しです。

 

でも確実に成長はしていきます。

ですから、練習の効果がすぐに実感できなくても、根気強く続けていきましょう。

カテゴリー
お気に入り