‘話す’ タグ

「話すチカラ」を伸ばす教材とは

英語を覚えたい!と強く思うとき、ほとんどの人がイメージしているのは、おそらくネイティブと楽しく英語で会話している光景ではないでしょうか。

 

英語が話せれば、世界の半分くらいの人と会話できる気がしますよね。

外国人とコミュニケーションをスムーズに取れると、いろいろな刺激をもらえますし、自分の視野がずっと広がります。

 

英語を話せないのは

学校で勉強した英語は、受験には役立ったかもしれませんが、いざ実際の会話をしようとするとぜんぜん言葉が出てこないものです。

 

そんな状態ですから、たとえば街を歩いていて外国人が道に迷っていてそうでも、声をかけられるのを怖がって遠回りしてしまう、ということになりかねません。

 

日本の受験英語だけでは、話すチカラは付いていかないのが現状です。

 

このブログを読んでいただいている方は、おそらく「英語を話せるようになりたいなぁ」と思っている方でしょう。

そのような方に向いていると考える英語教材はこちらです。

 

「スピークナチュラル」

対象者は、初級から中級、TOEIC 500 点以下、または英検準二級以下の方です。

中学で習った英語ですら自信がなくても、初めから学び直すことができる教材として評判です。

 

しかし、学校英語を学び直すだけでは話せるようにはなりません。

 

スピークナチュラルでは、話すことを重点にした内容で、英語音声を復唱することによって話すチカラを鍛えることができるようになっています。

 

日本語の音声に続いて、対応する英語の音声が流れることによって、日本語の言葉を英語に変換するスキルがだんだんと培われます。

 

しかも、短い文で組まれているので、フレーズを覚えやすく、会話ですぐに使えるように考えられていますね。

 

とても興味深い機能だなと思うのは、「コントロール会話」です。

会話の相手に対して、こちらが話に付いていけてないことを伝えるためのワンフレーズを中心に学ぶことができます。

 

たとえば「もう一度言ってもらえますか」というように、相手に失礼のないようにしつつ、こちらが聞き取れてないよーということをアピールするときに使えるフレーズです。

英会話初心者なら、こちらのフレーズを先に覚えてしまえばあとは安心かもですね。

 

ただし、スピークナチュラルは中級者以下を対象にしているので、英語がぺらぺらになるわけではありません。

基礎から始めていって、少し英語が話せるようになるところまでをガイドしてくれる教材です。

 

ネイティブと楽しく英語で会話している自分を想像だけでなく、実現させるための第一歩として「スピークナチュラル」は良いと思いますよ。

 

もっと話せるようになりたい

話すチカラは、中級者くらいになれば一人で勉強しているだけではなくて、どんどん喋ることによって伸ばしていけるものです。

つまり生の人間を相手に話すことが必要ですね。

 

そのために街で外国人に話しかけたり、海外旅行をして英語を話す機会を作ったりするのもアリです。

でも時間がかかりますし、定期的に続けることは難しいと思うかもしれません。

 

そういう方には、もっと英語がぺらぺらになる方法として、オンラインで英会話スクールに通うという手もあります。

前にどんなスクールがあるのか調べたときに見つけたのですが、代表的なスクールを分かりやすくまとめているランキングサイトがありました。

「オンライン英会話ランキングサイト」

 

話す力チカラはもっともっと伸ばせます。がんばりましょう。

 

話すチカラ

ネイティブスピーカーが自分の言語をすらすら話せるのは当たり前だと、誰もが思うでしょう。

 

ではどうして話せるのでしょうか。

 

日本語をどうやって覚えた?

人間は生まれつき言葉を話せる能力をもっています。

とはいっても生まれてすぐには意味のある言葉を発することはできません。

 

どうして話せるようになるかというと、自分のすぐそばで話されている言葉をとにかく聞くことから成長プロセスが始まります。

 

毎日毎日聞いているうちに、その言葉の意味や感情がなんとなく分かっていきます。

そして自分も大人の真似をして発音してみるようになります。

 

そうしたことを繰り返しているうちに、言っていることの意味が分かるようになります。

そして、自分の考えをその言語で発音して表現できるようになっていきます。

周りの大人が何語を話しているかによって、その子供が話せる言語が左右されるということです。

 

英語はどうすれば?

これはネイティブの場合ですが、日本人が英語を話せるようになるには、同じようなプロセスを取る必要があります。

 

つまり、いきなり英語をすらすら話せることを目指しても不可能ということです。

十分にリスニングできるようになっていなければ、すらすらと話すことは無理でしょう。

 

そこに達するまでには順番があります。

幼児と同じで、これをスキップすることはできません。

 

まずは、基礎的なところからです。

それは英語の単語力文法をしっかり押さえることからです。

そしてそれらを足掛かりに、リスニング能力向上に向かうことができます。

 

単語力と文法

語彙を増やすことによって、読んだり聞いたりするときに一つ一つの言葉を理解できるようになります。

 

そして文法は単語力と並んで重要です。

 

英文の単語の意味はすべて分かる場合でも、文法を知らないとしたら何を伝えたいのか理解できるでしょうか。

できないですよね。

 

文法という言葉のルールを知っていることによって、単語力が活きてくるのです。

 

リスニング

これら単語力と文法を十分に行なっておけば、リスニングも順調に伸ばしていくことができるでしょう。

 

リスニングが十分にできるようになると、相手の言っていることを理解できるだけでなく、発音やフレーズを真似できるようになります。

そうすると、自然に表現力が増えていって、だんだんと話せるようになっていきます。

 

ちょうど、赤ちゃんが自然と言葉を話せるようになっていくのと同じですね。

 

カテゴリー
お気に入り